【多動】だと自閉症?原因は?ADHDの診断項目とは?

2021年3月6日

多動な子は自閉症なの?

多動な子は、自閉症・自閉スペクトラム症なのでしょうか?

今回は、上記の疑問と併せて、多動の子の様子や原因、いつ頃おさまるのか、などについても見ていきます。

はじめに

自閉症と自閉スペクトラム症の違いについては、【自閉症】【自閉スペクトラム症】【発達障害】の違いとは?ページに詳しく説明していますので、是非あわせてご覧ください。

多動=自閉スペクトラム症【ではない】

多動に特化した障害に「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」というものがあります。

これは自閉症・自閉スペクトラム症(ASD)ではありません

ADHDは、自閉スペクトラム症と同列である発達障害の1つです。自閉スペクトラム症併発する事も多い障害です。

下図をご覧いただくと、ADHD自閉スペクトラム症の関係性がお分かりいただけると思います。

自閉スペクトラム症とは?

この2つは併発することが多いだけであり、「自閉症・自閉スペクトラム症の人=多動の特性がある」というものではありません。ただ、ADHDの場合、その特性がゆえに、自閉スペクトラム症と同様に社会性コミュニケーションなどにも影響を及ぼすため、混同しやすいものです。

就学前のADHD児では、コミュニケーションに問題があり、社会的対人関係に問題があるように見えます。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

その子が自閉スペクトラム症かどうかは指さしに代表される共同注意が正常に発達しているか、言語発達に遅延はないのかなど、他の項目から考えることが出来ます

下記にまとめてありますので、是非あわせてご覧ください。

自閉症児の発達の様子については、下記ページで詳しく説明していますので、是非あわせてご覧ください。

ADHDの診断については、後の章で説明していきます。

多動=ADHD【ではない】

では、多動な子はみなADHDなのでしょうか?いいえ、そうでもありません。

歩き始めの1歳位の子や、自我が芽生えて自分なりに行動したい2歳位の子も、親の手を振り払ってあっち行ったりこっちへ行ったりします。それは定型発達児でも見られる興味好奇心によるもので、正常な行動です。

落ち着きのなさや注意不足は、幼児期の子どもにはよく見られるものです。

たまひよ「【医師監修】ADHD(注意欠陥多動性障害)の赤ちゃんの行動特性(症状)と診断方法、サポートの仕方」より引用

なので2歳くらいでは、その子がADHDと診断されるような多動の特性を持っているのかを見極めるのは難しいのです。

子どもが家庭での家族との関係の中だけで生活しているうちは、ほかの子どもと比較する機会も少ないため、その子の多動性や不注意が特異なレベルのものなのかどうかを保護者が判断することは難しいでしょう。特に赤ちゃんのうちにADHDに気づくことは困難です。

たまひよ「【医師監修】ADHD(注意欠陥多動性障害)の赤ちゃんの行動特性(症状)と診断方法、サポートの仕方」より引用

定型発達児であれば、周りの状況理解や言語発達という部分が成長し、日常生活での繰り返しの穏やかな言い聞かせ(しつけ)も加わることで、徐々に集団行動ができるような落ち着き獲得していきます。

子どもにとって負担のないしつけについては、下記ページで詳しく説明していますので、是非あわせてご覧ください。

参考までに多動だった自閉症児(知的障害を伴う自閉スペクトラム症)の様子は下記でご覧いただけます。

自閉症と多動の動画
Youtube【自閉症の特徴 No.6/11】2歳5ヶ月 発達外来の待合室|自閉症と診断された日

ADHDの【特徴】

ADHDは、多動・衝動性のタイプ、不注意のタイプ、その2つが混合したタイプの、つのタイプがあります。

そして、その程度は、軽度から重度まで人それぞれです。

世界的な操作的診断基準である【ICD-10】の診断項目内容では、ADHDの特徴を下記のように定義しています。

  • ADHDの特性
    • 認知の働きを要する活動の持続性欠如
    • 認知障害は普通に見られ、運動言語発達遅延頻繁にある
    • 正常な注意力節度欠如
    • まとまらず統制されない過度の活動性
    • 一つの活動から他の活動へと、いずれの活動も完全に遂行しないまま移る傾向
  • 対人関係
    • 大人たちとの関係は、社会的に抑制が欠けることが多い
    • 他の子供たちには評判が悪く、孤立しがち

ADHDでは主に、注意力の維持、集中力、課題の持続性(課題を終わらせる能力)に問題がみられます。また、過剰に活動的であったり衝動的であったりすることもあります。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

POINT

ADHDの特徴は、小さい頃は、他の子に比べて異常に活動的・衝動的であり、持続性や注意力がないこと、などが挙げられる

ADHDは、いつ頃【判明】する?

【比較】ASDは2歳頃までに

比較対象として例を挙げると、自閉スペクトラム症は2歳頃までには特性が認められると定義されています。

ADHDは4歳頃までに

一方、ADHDでは、先述した【ICD-10】を見ると、確認される年齢は「5歳未満」となっています。

F90 多動性障害
Hyperkinetic disorders

早期発症(通常5歳未満)で、認知の働きを要する活動の持続性の欠如、及びまとまらず統制されない過度の活動性を伴い、一つの活動から他の活動へといずれの活動も完全に遂行しないまま移る傾向によって特徴づけられる。

厚生労働省サイト「疾病、傷害及び死因の統計分類」> 2.基本分類表及び内容例示表>イ.ICD-10(2013年版)準拠内容例示表>第5章 精神及び行動の障害(F00-F99)

ADHDの徴候の多くは4歳までに気づかれ、ADHDの症状が12歳までにはほぼ明らかになります。しかし、中学生になるまで、学業成績や社会生活に大きな悪影響を及ぼさないこともあります。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月
POINT

4歳くらいでも一般的な集団行動ができずに困っている場合、ADHDの可能性が高くなると言える

ADHDが明確になるのは、自閉スペクトラム症比べる少し後ということですね。

その2つが併発しているならば、診断されるときには、自閉スペクトラム症の特性の方が明確な症状として認定がされる、とも言えます。

ADHDの【診断】

ADHAは、自閉スペクトラム症と同様、臨床検査などでは判明しません。

先述した【ICD-10】の診断項目の内容に従って、医師による問診で診断が下されます。

ポイントなのは、家では落ち着いている、ということがないという点です。遊び場やお買い物先だけで激しくなっているのであれば、それはその環境が楽しくて刺激的で、限定的にテンションが上がってしまっているだけと言えます。家では落ち着いていられれば、それはADHDの多動性とはみなされません。

症状が少なくとも2つの異なる状況(典型的には家庭と学校)でみられる必要があります。家庭または学校でしか症状が現れず、その他の場所では現れない場合には、ADHDとみなされません。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

小さいうちは、遊び場やスーパーなどでウキウキして、親からしたら困ってしまうほど活動的・衝動的になってしまうのは当然のことです。もしそうさせたくないのなら、そのような場所に行かない事です。(これは自閉症の衝動性であるこだわりを発生させない方法と同じです。)

これまで述べてきてお分かりいただけたと思いますが、主にADHDの診断は、就学児にされることが多いものです。

学習障害が多くみられることから、ADHDの有無を明らかにするため、また、不注意の原因や併存する問題として特定の学習障害の有無を確認するため、多くの小児が心理学的検査を受けます。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

多動の【原因】

【しつけ】のせい ではない

多動の原因は、しつけせいではありません

多動児は、しばしば向こう見ずで衝動的で事故を起こし易く、熟慮の上の反抗的態度ではなく不注意な規則破りなので、しつけに問題があるように見られてしまう。

大人たちとの関係は、社会的に抑制が欠けることがしばしばで、正常な注意力と節度の欠如を伴う。他の子供たちには評判が悪く、孤立しがちである。認知の障害は普通に見られ、運動と言語の発達の特異的な遅延が並外れて頻繁にある。二次性の合併症には、非社会的行動及び低い自己評価が含まれる。

厚生労働省サイト「疾病、傷害及び死因の統計分類」> 2.基本分類表及び内容例示表>イ.ICD-10(2013年版)準拠内容例示表>第5章 精神及び行動の障害(F00-F99)

子どもが幼い月齢であれば、上記の通り正常な発達であり、ADHDも、脳内のホルモンや脳のネットワークに関連する機能障害とされています。

ADHDは、脳の機能異常により、脳内の神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン)に偏りが生じていることが原因で起きるといわれています。

(中略)しかし近年では新たな説として、脳のあらゆる部位が同調してネットワークをつくる「脳のネットワークの機能」が障害されてADHDを発症するのではないかといわれています。

MedicalNote「ADHDの原因―遺伝は関係する?」国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 知的障害研究部 部長 稲垣 真澄医師の回答より引用

なので厳しく指導したら、定型発達児のようにできるというものではありません。

ADHDの多動性は、正しい環境設定医療介入が必要とされており、むしろ抑えつける方法はよくないとされています。

多動症状をただ押さえ込むようなスタンスの治療方針は良い結果を生みません。

厚生労働省 e-ヘルスネット ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療
POINT

多動の原因は、しつけのせいではなく、脳の機能障害

ADHDの対応方法については、後の章「ADHDの【対応法】【治療法】」をご覧ください。

原因は明確にはなっていない

ただし、ADHDは発達障害の1つであることは先述しましたが、発達障害は精神障害の1つであり、精神障害とは、原因明確になっていない症状のことを指します。精神障害についての詳しい情報は、下記ページの「【精神障害】と【自閉スペクトラム症】って何がちがうの?」項目をご覧ください。

遺伝、出生前環境因子が報告されている

上記の通り、ADHDの原因は明確にはなっていませんが、自閉スペクトラム症同様、遺伝的要因や妊娠中の子宮内環境要因が報告されています。

ADHDの具体的な原因として判明しているものは1つもありませんが、多くの場合、遺伝的(受け継がれる)要因が存在します。他の危険因子として、低出生体重(1500グラム未満)、頭部のけが、脳の感染症、鉄欠乏症、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、鉛中毒や、出生前にアルコール、タバコ、コカインにさらされることなどがあります。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

遺伝的要因が76%とされるが[10]、家庭環境の要因を十分に分離できていないという指摘もある[11]。重要な環境要因は、胎児期の薬物、アルコールおよびタバコの暴露、周産期の問題、そして頭部外傷である[12]。2020年に発表されたADHDの環境危険因子、保護因子、バイオマーカーに関するメタ分析によると、危険因子として確実性が高いのは妊娠前の肥満、皮膚炎、子癇前症、妊娠期のアセトアミノフェン暴露であった[13]。危険因子の疑いが強いものは、妊娠期の喫煙、小児喘息、妊娠期の体重超過、ビタミンD不足などであった[13]。

Wikipedia「注意欠陥・多動性障害」より引用

気になる方は、参考に自閉スペクトラム症の原因についてのページをご覧ください。

食品添加物などのせいではない

多動は、砂糖や食品添加物のせいなのではなか、と聞くこともあります。しかし、多くの研究から、食品のせいではないこと明らかになっています。

砂糖を含む食べものを食べた後に過剰に活動的になったり衝動的になったりする小児もいますが、研究により、ADHDは生まれつきのものであり、食べものや環境的要因が原因でADHDが発生することはないことが明らかになっています。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

【参考】ケトン食との関連

食品のせいで多動になるという仮説は、難治性てんかんの食事療法である「ケトン食」が関係しているかもしれません。ケトン食は、炭水化物を少なく脂肪を多く摂取することで、身体からケトン体を作り出すマイナーな食事療法で、多動や自閉症にも効果があると言われています。平成28年4月から「てんかん食」として、てんかんの治療食と認められ特別食加算の対象となっているものです。

ケトン食は、先天代謝異常症・てんかんだけでなく、発達障害・自閉症・認知障害・アルツハイマー、頭部外傷や脊髄外傷、そしてがんにも効果があると言われている。

第 21 回大阪府栄養士会研究発表会「小児のてんかんとてんかん食について」大阪府立母子保健総合医療センター 小児神経科 研究所免疫部門 副部長 柳原 恵子先生

息子も難治性てんかんなので、幼少期にはケトン食の提案もされました。「お菓子やご飯・パンなどの炭水化物はほぼ控え、お肉の脂身やマヨネーズたっぷりのご飯になるよー」と。

主治医はケトン食は多動にも効果があるとも教えてくれ、当時は息子の多動のため日常生活が非常に困難だったので魅力的でした。

しかし、場合によっては初期に入院管理が必要であり、長期にわたってかなり徹底的に食事制限が必要なため、諦めたので、身をもって体験はしておりません。

息子は自閉症特性の偏食やこだわり(当時一日一個アイスクリームを食べるこだわりがあった)が強かったので、そんな息子を長期間制御する自信がありませんでした。

誤って糖質が身体に入ると、数ヶ月の効果が一瞬で無駄になると言われたので。

2003年の「ケトン食が自閉症児に対して効果があるのか」という海外の研究でも、4~10歳の自閉症児30人中12名が初期または1~2ヶ月後にギブアップしたと報告されています。

残りの18人については、ケトン食を6か月間適用(4週間の連続投与、2週間の中断の繰り返し)した結果、2名が有意な改善、8人が平均改善、8人が軽微な改善がなされ、たという結果でした。論文の結論は下記です。

Although these data are very preliminary, there is some evidence that the ketogenic diet may be used in autistic behavior as an additional or alternative therapy.

Journal of child neurology 2003Feb01 Vol. 18 issue(2) “Application of a Ketogenic Diet in Children With Autistic Behavior: Pilot Study" Athanasios Evangeliou, Ioannis Vlachonikolis, Helen Mihailidou, et al.
↑ 和訳概要

これらのデータは非常に予備的なものですが、ケトン食療法が追加または代替療法として、自閉症の行動に使用される可能性があるといういくつかの証拠があります。

ADHDの【対応法】【治療法】

療育による【行動療法】

ADHDの治療は、専門的な療育が基本になります。支援学級や支援学校で行われているような対応方法です。

たとえば、卓上の学習や作業が集中できない子の場合、いくつか学習スペースを確保しておいて、一つの課題をこなしたら次のスペースに移動、また課題をこなしたら、次のスペースというように、動きながら学習をした方が、グッと集中出来る子もいます。

日々の行動をパターン化することで、無駄な衝動を最小限に抑える訓練もあります。

息子が通う支援学校でも、わりと多動の子が多く、抑えきれない行動も多々ありますが、叱るのではなく、理解して、冷静に毅然とした態度でシンプルにどうするべきかの指示を出すということも大切です。正直、理解していても、多動の子の終わりの見えない行動に冷静に対応し続けるのは、かなり骨が折れますが、それが療育現場の現状です。親に対するペアレントトレーニングなどもあります。

行動療法と刺激薬の両方を用いて治療します。薬を使用することで、症状の緩和の助けになり、学校や他の活動に小児が参加しやすくなります。特に、年齢の低い小児ではこの併用が有益です。就学前の小児では、行動療法だけで十分なことがあります。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8月

時には【薬物療法】

あまりにもひどく、日常生活がままならない場合、補助的に薬物療法も取り入れることもあります。日本では、現在、3種類の薬が認可されています。

専門医のあいだでは昔からよくいわれていますが「ADHD治療薬はそれだけで治る魔法の薬ではない」ということです。ADHDの薬物治療はあくまでも、患者さんが日常生活を不便なく行えるようにするための補助的な役割にすぎません。ですから、まずは後述する「環境調整」やペアレントトレーニング、ソーシャルスキルトレーニング(SST)などの「行動療法」を用いて、ADHD症状の緩和を図ります。それらでも生活が改善しない場合において、はじめて薬によるADHD治療が行われます。

MedicalNote「ADHDは薬物治療で治る? 薬の種類と特徴」社会福祉法人青い鳥 小児療育相談センター 神経小児科の原 仁医師の回答より引用

現在ADHDの治療薬(コンサータ®、ストラテラ®、最近発売されたインチュニブ®など)は、これらの神経伝達物質の働きを調整して作用するようにつくられています。

MedicalNote「ADHDの原因―遺伝は関係する?」国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 知的障害研究部 部長 稲垣 真澄医師の回答より引用

二次障害を起こさないためにも

適切な対応をしてあげないと、自尊感情が低くなり、二次障害が起こる可能性が高くなります。また、学習に集中できず、必然的に学力が低くなってしまいます。

ADHDのこどもたちへの対応が不適切な場合、反抗的な態度や攻撃的な行動をきたす問題行動が現れること、学習の遅れ、精神的ストレスからメンタルヘルスの異常をきたすことがあり、適切な早期介入が重要であると考えられています。

国立精神・神経医療研究センター「ADHD(多動性症候群)」より引用

自尊感情がいかに大切かは、下記ページで詳しく説明していますので、是非あわせてご覧ください。

医師や専門家と共に、その子にとって適切な対応をしてあげましょう。

多動は大きくなると【おさまってくる】

多動は、小学生なって何年かすると(10歳くらい)と徐々に治まることが多い、と何人かの医師や心理士から聞きました。

あくまで一例ですが、多動で苦労した息子の場合は、小学校入学の頃にはあまり多動は目立たず、10歳になるころには、全くなくなりました。

ただし、その子が、多動・衝動性不注意の特性が混合したタイプのADHDだった場合、多動性は抑えられるようになっても、不注意の特性は残ってしまいます

多動児の衝動性と多動性は、成長するに従っていくぶん治まる傾向がありますが、ADHDの小児の多くは成長後も不注意が改善しません。

MSDマニュアル 家庭版「注意欠如・多動症(ADHD)」最終査読/改訂年月 2018年 8

小さい頃は、一瞬も目を離すことができないような(これを「多動」といいます)、そんな子が多いのです。

 大きくなるにつれこのような多動や、ここで書いたような奇妙な行動は次第におさまってきますが、コミュニケーションの障害や社会性の問題、こだわりなどは残ることが多いのです。

自閉症のしおり~ 障害の正しい理解のために ~ NPO法人 岡山県自閉症児を育てる会

まとめ

今回は、多動な子は自閉スペクトラム症なのか?という疑問を解決する内容を見てきました。

多動な子=自閉スペクトラム症とは言えない事が分かりました。

また、小さい頃はみんなウロチョロしてしまうものなので、小さいうちはADHDの診断は難しいことが分かりました。

自閉スペクトラム症かどうかは、他の項目から確認するのがよさそうです。

今回は、この辺で。最後まで読んで下さって、ありがとうございました!