自閉スペクトラム症と知的障害|関連性・混同される理由|見分け方

2020年8月8日

ASDとIDの関連

今回は、自閉スペクトラム症と知的障害の関連性、そして、その2つの見分け方を見ていきます。

関連性

知的障害とは?

両者とも精神障害の1種

知的障害と自閉スペクトラム症は、ともに精神障害の1種です。なので「併発する」という考え方です。

発達障害とは
「発達障害とは?」の図

つまり、【自閉スペクトラム症】の人の中には

  • 【知的障害】を併発している
  • 【知的障害】を併発していない

に分けられます。

このあたりは複雑で混乱してしまうポイントです。下記ページでも各障害の分類について詳しく解説していますので、是非あわせてご覧ください。

混同されやすい理由

「自閉スペクトラム症だと知的障害なのかな?」と勘違いしやすいのは、理由があります。

【理由1】多くの人が併発しているから

大きな理由は、自閉スペクトラム症の多くの人が、知的障害を併発しているためです。自閉スペクトラム症の合併症の内、最も多いものが知的障害なのです。

様々な併存症が知られていますが、約70%以上の人が1つの精神疾患を、40%以上の人が2つ以上の精神疾患をもっているといわれています。特に知的能力障害(知的障害)が多く、その他、ADHD(注意欠如・多動症)、発達性協調運動症(DCD)、不安症、抑うつ障害、学習障害(限局性学習症、LD)がしばしば併存します。

厚生労働省 e-ヘルスネット「ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について」最終閲覧日2020.08.08

自閉スペクトラム症の操作的診断基準であるDSM-5でも、下記のように記載されています。

知的能力障害と自閉スペクトラム症はしばしば同時に起こり、自閉スペクトラム症と知的能力障害の併存の診断を下すためには、社会的コミュニケーションが全般的な発達の水準から期待されるものより下回っていなければならない。

米国精神医学会 発行、日本精神神経学会 日本語版用語監修「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」2014年06月

併発している人の割合は?

現代の精神医学において、世界中で最も広く使用されている精神科のテキスト「Kaplan & Sadock’s Comprehensive Textbook Of Psychiatryカプラン&サドックの精神医学の包括的な教科書)」を執筆したニューヨーク大学医学部精神科の教授であるベンジャミン・サドック(Benjamin James Sadock)博士は、下記のように述べています。

ベンジャミンJサドック教授
ベンジャミン・サドック教授 画像はNYU Langone Healthより

Approximately one third of children meeting the current DSM-5 diagnosis of autism spectrum disorder, exhibit intellectual disability (ID).

KAPLAN & SADOCK’S SYNOPSIS OF PSYCHIATRY Behavioral Sciences/Clinical Psychiatry" ELEVENTH EDITION Benjamin J. Sadock. Virginia A. Sadock. Pedro Ruiz (2014) p.1152
↑ 和訳概要

自閉スペクトラム症の、現在のDSM-5診断に対応する子供の約3分の1は、知的障害(ID)を示しています。

その他の研究結果は、下記のとおりです。

  • 2014年にスウェーデンで行われた研究では、​​14,516人のうち5,689人と約40%の数値。参考:The Familial Risk of Autism
  • Wikipediaでは、自閉スペクトラム症児の4560%が、知的障害を併発しているとの記載。
  • アメリカでは、知的障害のある人の約40にも自閉スペクトラム症の特性があり、逆に自閉スペクトラム症のある人の約70にも知的障害があるとも言われている。参考:Wikipedia “Intellectual disability

【理由2】特徴が似ている

ノースダコタ大学のアニタ・ペダーセン(Anita L. Pedersen)博士は、この2つは特徴が似ていると述べています。

アニタ・L・ペダーセン博士
アニタ・ペダーセン博士 画像はANOVAより

Clinical characteristics of autism spectrum disorder (ASD) and intellectual disability (ID) overlap, creating potential for diagnostic confusion. 

Pedersen, A.L., Pettygrove, S., Lu, Z. et al. “DSM Criteria that Best Differentiate Intellectual Disability from Autism Spectrum Disorder.Child Psychiatry Hum Dev 48, 537–545 (2017).
↑ 和訳概要

自閉スペクトラム症と知的障害の重複する臨床的特徴は、診断上の混乱の可能性がある

特に言語発達の遅れは、ともに最もみられる特徴です。

【理由3】広汎性発達障害→自閉スペクトラム症への統合

「自閉スペクトラム症」という概念は、わりと最近一般普及してきたものです。それ以前は、広汎性発達障害というカテゴリーが活用されており、知的障害の併発の有無で診断名が異なっていました。

  • 知的障害を併発している人…「自閉症」
  • 知的障害がない人…「高機能自閉症」や「アスペルガー症候群」

それが2013年に操作的診断基準であるDSM-5で、広汎性発達障害という概念がなくなり、自閉症の人も、高機能自閉症の人も、アスペルガー症候群の人も、みんな「自閉スペクトラム症」という診断名になるように統合されました。(統合された理由はこちら

そのことで、先述した通り、診断名は同じ「自閉スペクトラム症」でも、知的障害を伴う人と、伴わない人が存在する形になりました。診断名ベースでは区切りがなくなったことで、自閉スペクトラム症と知的障害の関連性が見えづらくなったことも、混同されがちになっている一因と考えられます。

見分けるポイント

【その1】自閉スペクトラム症の特性から考える

自閉スペクトラム症と知的障害を見分ける重要なポイントは、知的障害だけの人には認められない「自閉スペクトラム症の中心的な特性」があるかどうかを考えることです。

自閉スペクトラム症の中心的な特性は、大きく2項目あります。

  • 社会的コミュニケーションの欠陥
  • 制限された反復行動

詳細や具体例は、下記ページにまとめています。

【その2】知的障害の定義からから考える

知的障害の定義については、下記ページで説明しています。乳幼児期の特徴や、日常生活能力水準の具体例も詳しく載せていますので、是非あわせてご覧ください。

さいごに

今回は、教育機関や医療機関でも混同されがちな、自閉スペクトラム症と知的障害の関連性と見分け方をまとめてみました。

自閉スペクトラム症と知的障害は違う障害ではあるが、併発率が高く、似た特徴もあることから、混同されガチになることが分かりました。

気になる方は、勝手に判断するのではなく、発達の専門の外来を受診すると安心ですね。

今回はこの辺で。読んで下さってありがとうございました!