【自閉症】【自閉スペクトラム症】の違いは?|発達障害、ASD、ADHD などの用語説明も

2020年5月10日

ASDよくある疑問

自閉症を調べていると、こんな用語がたくさん出てきて混乱しませんか?

  • 発達障害、精神障害、ASD、ADHD、自閉症スペクトラム、知的障害、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、高機能自閉症、DSM-5、ICD-10などなど…

今回は、そんな混乱しがちな用語の違いについて、ざっくりと見やすく説明していきます。初心者さんは必見です!

自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラムは、一言でいうと、「自閉症」の現代版の呼び方です。

【自閉症】と【自閉症スペクトラム】の違い

詳しくは後述の「【自閉症】と【自閉スペクトラム症】って何がちがうの?」で説明します。

◇参考◇自閉症スペクトラムの診断基準

ASD

ASDは自閉症スペクトラム(Autism Spectrum Disorder)のアルファベット略称です。

ADHD

ADHDは、注意欠陥・多動性障害です。ADHDもアルファベット略称です。

ASD(自閉症スペクトラム)は違う障害です。ですが、同じ発達障害の仲間です。ややこしいです。次の章の図↓をご覧いただくと分かりやすいです。

発達障害

発達障害は、ASDADHD 等をまとめた総称です。

発達障害とは

ASD、ADHDの他にも、学習障害(LD)やチック症、吃音(きつおん)なども含まれます。

参考:精神科病名検討連絡会 DSM‒5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版)、厚生労働省 みんなのメンタルヘルス「発達障害」最終閲覧日:2022/5/6

【発達障害】と【自閉症スペクトラム】って何がちがうの?

POINT

【発達障害】は、自閉症スペクトラム(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などが含まれれている、親カテゴリー

精神障害

精神障害は、発達障害知的障害、精神疾患(うつ病、統合失調症 など)などをまとめた総称です。前述の発達障害の章の図をご参照ください。

POINT

【精神障害】は、自閉症スペクトラムの親カテゴリーのそのまた親カテゴリー

知的障害

知的障害は、図的には、発達障害と同じ立場の精神障害の一種です。

DSM-5、ICD-10

自閉症・自閉症スペクトラムなどの診断基準が載っている分類表です。本だと思うと分かりやすいです。

広汎性発達障害

広汎性発達障害は、自閉症スペクトラムという概念を導入する前に、自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症などの親カテゴリーとして使用されていた用語です。

【自閉症】と【自閉症スペクトラム】って何がちがうの?

【自閉症スペクトラム】は新しい呼び方

先述したように、自閉症スペクトラムASD)は、自閉症の現代版の呼び方です。

「自閉症スペクトラム」という用語が最初に操作的診断基準(世界的な精神障害の診断基準)に記載されたのは、2013年でした。WHOが発行したDSM-5です。

※DSM-5の日本語版では、「自閉スペクトラム症」と訳されています。日本では自閉症スペクトラムという表記をよく目にしますが、同じです。

指し示す範囲が違う

以前は「自閉症」は、とても狭い範囲の人をさしていました。

現代では研究が進み、「他にも自閉症と同じ特性で困っている人がいっぱいいるぞ」ということで範囲を広げ「自閉症スペクトラム」という概念が誕生しました。

自閉症スペクトラムは、「健常者と軽症な自閉症の人が、連続的直線の上に並んでいる」という概念から成っています。

自閉スペクトラム症概念図
ケンブリッジ大学発達精神病理学科サイモン・バロン=コーエン教授による自閉症スペクトラム障害図(2011)画像はwikipediaより
◆参考◆

自閉症スペクトラムを1998年に初めて提唱したのは、重度の自閉症児の親であるローナ・ウィングという女性医師なんです。彼女は「アスペルガー症候群」の名付け親でもあるのです。80年前の「自閉症は冷酷な親による愛情不足」という認識を否定したのも彼女です。すごい方ですよね。お時間がある時にぜひ下記ページもご覧ください。とても認識が深まります。

かつで【自閉症】と定義されていた範囲は?

下記の図が【自閉症】と【自閉症スペクトラム】が指し示す範囲を表したものです。

自閉症とは?

知的障害を伴う人が【自閉症】

上の図では、自閉症が、自閉症スペクトラムの中で知的障害を伴う人を指しています

知的障害を伴わない人が【高機能自閉症】【アスペルガー症候群】だった

知的障害がない人の場合、少し前の言葉で言うとアスペルガー症候群高機能自閉症と認識されていました。

特性により下記のように診断されていました。

ひとまとめにした概念が【自閉スペクトラム症】

上のNHKの図を見ると、【自閉スペクトラム症】が自閉症アスペルガー症候群高機能自閉症などをひとまとめにして呼ばれているものだと、よく分かりますね。

自閉スペクトラム症(以下ASD)は、言語・非言語コミュニケーションの障害、固執性・反復性の行動、社会性の障害を主症状とする精神疾患である。ASDには自閉症症状・広汎性発達障害・アスペルガー症候群・レット症候群などが含まれる。これらの疾患では類似した症状が顕れるが、知能指数や自閉症度に幅があるため、スペクトラムとしてまとめて呼称されるに至った。

日本薬理学会 日本理試148,Pp121-122「自閉スペクトラム症とてんかん」安藤めぐみ etc.(2016)

さいごに

今回は、【自閉症】【自閉スペクトラム症】【発達障害】などの立ち位置の違いをざっくり説明しました。

それぞれの詳細については、各リンク先の説明を参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました!